あなたは大丈夫?カードローン審査の実態!

カードローンについて

カードローンとは、銀行や消費者金融等の金融機関から一定の金利でお金を借り、定期的に返済していくことです。金利は金融機関ごとに異なりますが、銀行の方が金利や低い傾向がなります。また、借入額が大きくなるほど、金利が低くなる場合が多いです。申し込みは店頭申込みの他、インターネットから24時間365日受け付けている金融機関も多く、来店せずに手続きが完了する場合があります。返済は毎月一定の金額を返済していく方法が一般的ですが、繰り上げ返済ができる場合もあります。また、契約している金融機関のATM以外にも提携している金融機関やコンビニATMで借入れ・返済ができるため、急にお金が必要になっても比較的容易に対応できます。

カードローンの審査について

カードローンを利用するには金額の大小に関わらず、事前に審査が必要になります。申込者に返済能力があるか、信用できるかどうかを審査します。返済能力とは、収入(年収)です。また、年収以外にも勤続年数も影響します。勤続年数が短い場合、転職して年収が減るリスクを考慮されるためです。信用できるかどうかは、過去のカードローンの利用履歴等の信用情報です。過去に返済に遅延があったりすると、信用情報に記録されます。返済能力があっても返済に遅延があると貸す側としては返済されないリスクを考えてしまいます。なお、利用履歴がない場合でも貸す側としては返済してくれるか判断できないため、借入額が大きい場合は限度額が小さく設定される場合があります。